住宅ローン

【住宅ローン】自営業で直近の所得200万円。住宅ローン2,000万円借りられる?

自営業者が住宅ローンを考えるときに注意したいのが、所得がプラスとなっているか、大きな変動がないかということです。審査項目のなかでも大きなポイントとなる比率に「返済負担比率」があります。所得に占める年間返済額の割合を表します。この所得は「直近の所得」もしくは「直近の所得3期分の平均」としています。
住宅ローン

【住宅ローン】の審査が通らない...。何が問題?

「住宅ローンの審査がとおらない」具体的な否決理由を言わず、「総合的判断です」ときたら、まず信用情報に問題ありと考えられます。
個人ローン

【信用情報】クレジットの支払いが2週間遅延。ローンの審査とおる?

信用情報に延滞の記録が登録されると、否決となる可能性が高くなります。問題は延滞情報がいつの時点で登録されるかですが、これは会員(クレジット会社等)がいつの時点で情報を更新し、信用情報機関へ報告するかによります。(通常月1回更新)
住宅ローン

【住宅ローン】金利が高い!59歳だけど借り換えできる?

銀行から送られてきた返済予定表には住宅ローンの残高800万円、金利2.5%と書いてあった。この前ネットを見ていたら住宅ローンの金利は0.4%とか0.5%になっているらしい。借り換えすれば毎月の返済がいくらか減るはずだし、59歳と定年が近いけど借り換えできないかなぁ…。こんな疑問にお答えします。
住宅ローン

【住宅ローン】夫の年収350万円妻のパート収入100万円 いくら借りられる?

一般的にある程度生活に余裕を残すための返済比率は20%以下が理想と考えられています。 おすすめは「世帯収入の見込みを低めに」設定し、「生活資金、教育資金等の必要資金以外に貯蓄ができる」返済プランを組むこと。
事業性ローン

【コロナ融資】信用保証協会と日本政策金融公庫どちらがおすすめ?審査はゆるい?

コロナの影響で売上減少。運転資金を考えてるけど無利子の融資は保証協会と政策公庫で取扱ってるって聞いたけど、どっちで申し込んだらいいのか迷うなあ...? こんな疑問にお答えします。 制度...
住宅ローン

住宅ローンの返済期間は長いほうがお得?自己資金ってどのくらい?

住宅ローンの返済期間については、短ければよいというものではなく、長期でローンを組むことで返済に余裕をもたせること。自己資金を多くすればよいというものではなく、ある程度の貯蓄(余裕資金)が必要であることについてご紹介します。
住宅ローン

住宅ローンにおける【つなぎ融資】とは?借りるタイミングと利息・費用について

この記事を見に来られたということは、注文住宅の予定ではないでしょうか?「つなぎ融資」が必要なわけですから。 今回は、①つなぎ融資の内容②借入するタイミング③利息と費用について、また業者選び、住宅ローン選びのポイントについてもご紹介します。
ローン関連

ブラックリストとは?【信用情報】が融資審査に与える影響は?

【信用情報】や【ブラックリスト】について、また借入の審査への影響などについてご紹介します。あくまでも信用情報は融資の審査項目のひとつですが、承認をとるためには避けて通れない項目です。日頃から融資の返済日やクレジットの支払い期日には十分に気を付けてくださいね。
ローン関連

【新型コロナウィルス対策融資・給付金】生活資金を確保する!

新型コロナウィルスの影響で収入が減少。生活に不安を抱えるなか、政府は支援策を打ち出しました。どんな支援制度があるかご存じでしょうか?ということで今回は、①給付金(もらえるお金)②融資(借りる)③猶予・免除の3つについて、それぞれの制度について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました