住宅ローン

住宅ローン

【住宅ローン】自営業で直近の所得200万円。住宅ローン2,000万円借りられる?

自営業者が住宅ローンを考えるときに注意したいのが、所得がプラスとなっているか、大きな変動がないかということです。審査項目のなかでも大きなポイントとなる比率に「返済負担比率」があります。所得に占める年間返済額の割合を表します。この所得は「直近の所得」もしくは「直近の所得3期分の平均」としています。
住宅ローン

【住宅ローン】の審査が通らない...。何が問題?

「住宅ローンの審査がとおらない」具体的な否決理由を言わず、「総合的判断です」ときたら、まず信用情報に問題ありと考えられます。
住宅ローン

【住宅ローン】金利が高い!59歳だけど借り換えできる?

銀行から送られてきた返済予定表には住宅ローンの残高800万円、金利2.5%と書いてあった。この前ネットを見ていたら住宅ローンの金利は0.4%とか0.5%になっているらしい。借り換えすれば毎月の返済がいくらか減るはずだし、59歳と定年が近いけど借り換えできないかなぁ…。こんな疑問にお答えします。
住宅ローン

【住宅ローン】夫の年収350万円妻のパート収入100万円 いくら借りられる?

一般的にある程度生活に余裕を残すための返済比率は20%以下が理想と考えられています。 おすすめは「世帯収入の見込みを低めに」設定し、「生活資金、教育資金等の必要資金以外に貯蓄ができる」返済プランを組むこと。
住宅ローン

住宅ローンの返済期間は長いほうがお得?自己資金ってどのくらい?

住宅ローンの返済期間については、短ければよいというものではなく、長期でローンを組むことで返済に余裕をもたせること。自己資金を多くすればよいというものではなく、ある程度の貯蓄(余裕資金)が必要であることについてご紹介します。
住宅ローン

住宅ローンにおける【つなぎ融資】とは?借りるタイミングと利息・費用について

この記事を見に来られたということは、注文住宅の予定ではないでしょうか?「つなぎ融資」が必要なわけですから。 今回は、①つなぎ融資の内容②借入するタイミング③利息と費用について、また業者選び、住宅ローン選びのポイントについてもご紹介します。
住宅ローン

住宅ローンの金利や控除について解説、無理しない借入をおすすめします

住宅ローンを組む際、返済比率30%以下が一つの目安となりますが、収入、自己資金からどのくらいの借り入れが適当なのか?また、住宅ローンを組む際のポイントについて考えていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました