【コロナ融資】信用保証協会と日本政策金融公庫どちらがおすすめ?審査はゆるい?

事業性ローン

コロナの影響で売上減少。運転資金を考えてるけど無利子の融資は保証協会と政策公庫で取扱ってるって聞いたけど、どっちで申し込んだらいいのか迷うなあ...?

こんな疑問にお答えします。

 

制度の違い

日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」は貸出する主体が公庫自身であり、借り入れは公庫へ申し込むことになります。公庫内での審査が承認となれば融資が実行されます。

一方、「新型コロナウイルス感染症に関する経営安定関連保証(セーフティーネット保証)」は信用保証協会を通すものの貸出する主体は金融機関です。

市町村町→保証協会→金融機関を経由します。

以下、申込みから融資実行前の流れ

①市長村町からセーフティーネット保証の認定を受ける

②認定書と借入申込書を金融機関に提出する
③金融機関が申請書類作成後、認定書とともに保証協会へ申請
④保証審査承認後、保証書が金融機関へ郵送される
⑤金融機関での審査を経て融資が実行される

現在は窓口混雑の緩和、感染症対策等のため、セーフティネット保証の認定申請は、金融機関による代理申請が基本となっています。

要するに①は金融機関が代わりに申請し、認定書を取得してくれるわけです。

それぞれの制度の概要については以下を参照してください↓

日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」

保証協会「新型コロナウイルス感染症に関するセーフティーネット保証(東京都)」

 

審査どちらが早い

申請件数が多いため、どちらも通常時よりは時間がかかります。

申込みから融資実行まで日本政策金融公庫では、1カ月~2カ月程度

セーフティーネット保証はもう少し早いようです。ただし各都道府県の保証協会、金融機関により差があります。

また「新規」利用実績あり」かによっても違ってきますので、融資を急ぐのであれば利用実績のある金融機関での申し込みをおすすめします。

 

融資を早く受けるには

融資を早く受けるためのポイント

・必要書類を早くそろえて提出する

・申込書類を記入する、そろえる段階で不明な点は担当者に確認する

「必要書類を早くそろえて提出する」

当たり前ですが、書類が到着してからの審査になるためです。通常は受付順となります。

「申込書類を記載する段階で不明な箇所は確認する」

記入漏れ、記入ミスがあれば、そこから前にすすみません。再度書き直し等の手間が発生します。

窓口に持参した場合、担当者がその場でミスに気づけば、すぐに修正が可能ですが、郵送であれば書類の往復で1週間ほど余分にかかります。

なので、わからないまま記入せずに、その都度担当者に確認し、正確な書類を作成しましょう。

結構、ミスが多く雑な書類も見受けます。結果遅くなりますし、担当者の心証もよくありません。

 

利子補給の違い

新型コロナ関連融資では、当初3年間は政策公庫、保証協会ともに実質的に無利子となりますが、利子補給に違いがあります。

政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」では利息も含め毎月返済する必要があります。支払った利息は後日かえってきます。(今のところ時期未定)

一方、保証協会(セーフティーネット保証)では、元金部分のみの返済で初めから利息は不要です

 

まとめ

お金が必要な事業者にとっては、今回のコロナ融資は利用しない手はないでしょう。

「日本政策金公庫」「保証協会(セーフティーネット保証)」両方に申込みするのもありです。

理由①:無利息、無保証料です。こんな融資はまずありません。余れば返せばいいんです。(ただし繰上げ返済手数料は必要です)

理由②:通常時に比べ審査は緩いです。これは間違いありません。

なぜか?

今回の制度は政府が主導しているものであり、「コロナで困っている事業者を救済する」という大義名分があります。

これだけ政府が力をいれて号令をかけているわけですから、金融機関、保証協会ともに「尻をたたかれている」状態です。

ただし、当然ながら申込みすれば、すべて通るわけではありません。

過去に事故歴(破産等)がある場合は難しいかもしれませんが、業況が悪いからという理由で断られるケースは少ないでしょう。(減額になることはありますが)

また、取引がないのであればこれを機に利用実績をつくるチャンスです。今後につながっていきますから。

それではごめんください。<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました